×

イベント終了まで残り 残りわずか!

レーベンスミルクはいはい 850g

  • 販売価格(免税免税価格とは?
    日本の消費税(8%)を免除した販売価格となります。日本国外向け配送の場合の金額となります。
    ):25.84 USD  (2,856 円)
  • 本体重量 本体重量とは?
    商品本体の重量です。付属品・アクセサリー・包装箱の重量は含みません。
    ※化粧水や飲料の場合、瓶は本体重量に含めますが、包装箱は含みません。
    :1050g
  • サイズ:高さ18.0cm × 幅13.2cm × 奥行13.2cm

  • ショップ名:drugbear
  • 出荷日目安:5日
  • 433件のショップ評価 4.74
  • この商品はdrugbearが販売・発送致します。
    本日ご注文いただければ、国際スピード郵便(EMS)で、配送先: アメリカへ最短で08/24に出荷予定です。
    出荷後、最短お届け日は08/26となります。
  • ※ 上記出荷予定日・出荷後最短お届け日はこの商品のみ購入した際の目安となり、約束するものではございません。

omatome icon おまとめ配送可能

  • 在庫:あり
  • 購入数量:
  • ※1回の購入制限数量:10個

カートに入れる

今すぐ買う

6

ポイントキャンペーン10倍

商品を購入すると286 Pointsがたまります!

このアイテムを見ている人におすすめ!

    loading
  • 使用方法

    *添付スプーンすりきり1杯(約2.6g)をできあがり量20mlの割合に溶かします。
    1.消毒した哺乳ビンに必要量のはいはいを添付スプーンですりきって入れます。
    2.一度沸騰した70度以上のお湯をやけどに注意しながらできあがり量の2/3ほどまで注ぎます。
    3.乳首、フードをしっかりつけ、哺乳ビンを振ってミルクをよく溶かします。哺乳ビンが熱いので、清潔なタオルを巻くなどして持ちます。滑らないよう注意してください。
    4.フードをつけたまま乳首をはずし、できあがり量まで70度以上のお湯または衛生的な湯冷ましを加えます。目盛は泡の下で合わせます。
    5.乳首、フードをしっかりとつけ、やけどに注意しながらさらに軽く振ります。
    6.ミルクが混ざったら、すぐに哺乳ビンを流水や氷水にさらすなどして体温ぐらいまで冷やします。
    7.腕の内側にミルクを少し垂らすなどして、体温ぐらいになっていることを必ず確かめてから赤ちゃんにあげましょう。

    ●標準使用量表は、フタをご覧ください。

  • 成分 ・ 原材料

    乳糖、ホエイたんぱく質消化物、パーム油、全粉乳、パーム核分別油、大豆白絞油、ガラクトオリゴ糖液糖、カゼインカルシウム、デキストリン(でんぷん糖化物)、精製魚油、炭酸Ca、塩化Mg、レシチン、リン酸K、塩化K、リン酸Na、水酸化K、ラクトフェリン、V.C、塩化Ca、ピロリン酸鉄、タウリン、V.E、硫酸亜鉛、シスチン、シチジル酸Na、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.A、硫酸銅、イノシン酸Na、ウリジル酸Na、グアニル酸Na、V.B1、5’-AMP、V.B6、V.B2、葉酸、カロテン、V.D、V.B12

  • 仕様 ・ 規格

    母乳の成分とバランスに近づけたレギュラータイプ粉ミルクです。たんぱく質、ヌクレオチド、脂質、炭水化物、ビタミン・ミネラルをバランスよく配合。甘すぎないので混合栄養でもお使いいただけます。サッと溶けます。0ヶ月から。

  • 使用上の注意

    ●必ず缶に入っている専用スプーンをお使いください。
    ●スプーンはよく洗って乾燥させ、缶の中には入れず清潔に保管してください。
    ●粉ミルクに水滴が入ると固結することがありますので、ぬれたスプーンは使用しないでください。
    ●調乳には熱いお湯を使いますので、やけどをしないようご注意ください。また、赤ちゃんのそばでの調乳は行わないでください。
    ●沸騰直後のお湯での調乳は危険ですので避けてください。
    ●哺乳ビンはしっかり組み立ててください。調乳する際に熱いミルクが乳首やフードの脇からふきだしたりもれだしたりすることがあります。フードはミルクが十分にさめるまではずさないでください。
    ●一回分ずつ調乳し、調乳後は速やかに体温ぐらいまで冷やしてください。飲み残しや調乳後2時間を越えてしまったミルクは赤ちゃんにあげず、必ず捨ててください。
    ●ミルクを冷やすための水が哺乳ビンの中に入らないようご注意ください。また、冷蔵庫では冷やさないでください。
    ●哺乳ビンの外側がさめていても、ミルクが十分にさめていない場合があります。赤ちゃんのやけどを防ぐため、あげる前には必ずミルクの温度が体温ぐらいになっていることを確認してください。
    ●開缶後は、湿気や虫、ホコリや髪の毛などが入らないようにきちんとフタをして乾燥した涼しい清潔な場所に保管し、なるべく早く(30日以内に)お使いください。
    ●冷蔵庫での保管は避けてください。
    ●電子レンジでのミルクの加熱は避けてください。

最近チェックした商品

    loading